天気の子

「君の名は」に続く新海誠メジャー作品。連日満員で滑り出し絶好調の模様。賛否両論らしいけど、私は面白かった。以下ネタばれ込みです。

込み入った設定が消化不良な感じが微妙にモニョった「君の名は」よりはよほど気持ちよく見ることができた。伏線っぽい思わせぶりはいくつかあったけど、潔いまでに何の説明もなしで突っ走っていく流れに乗っかって只物語に浸っていられた。
美麗な作画にはますます磨きがかかり、新宿歌舞伎町の毒々しい夜景や薄汚れた路地、鉄道線路脇の殺風景な坂道、何の変哲も無い住宅街の安アパート等などの風景を魅力的に見せてくれる。「耳をすませば」で古い団地を輝かせたアニメの魔法だね。ただ、「言の葉の庭」でも気になったんだけど、繊細な風景描写のカットで、似たような構図の似たようなカットが繰り返されて、あれってバンクなのかな。自然の動きを追求したいモチベーションのベクトルとバンクってなんか噛み合わない気がして違和感あるんだけど、気のせいなのかなあ。晴れてる時に手をかざして見る空のカットが繰り返されるのは意図的なんだとわかるけど。
プロダクト・プレイスメントもバリバリで、盛り場でよく見るバニラの求人カーから学研ムー、日用品も実在ブランドだし、初代プリキュアまで出てくるし。西武新宿のマクドナルドは行ってみたくなるかもしれないが、路地裏のゴミ箱にBOSSとか書いてあるのは宣伝になってるのか?そういえば最近本屋で村上春樹訳の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」が平積みになってるのをよく見る気がするけど、天気の子の影響かなあ。別に小説版天気の子とかと一緒に置いてあるわけでもないし、関連本扱いはされてないっぽいんだけど。閑話休題
エピソードの積み重ねをダイジェストで飛ばしていく手法は「君の名は」と同様だけど、今回はあまり気にならなかった。「君の名は」では、そこが見たかったのに的なモヤモヤがあったけど、まあむしろそういうのは少なくて、テンポ良く話を進めていく定番ではある。
中盤以降、天気がいよいよ異常担っていく中、主人公の帆高たちは警察に追われ行き場を失って逃げ回るのはニューシネマみたい。「俺たちに明日はない」とか、社会と対立した個人が束の間の疑似家族を構成するみたいな話、だいたい最後は悲劇に終わってたんだけれど、「天気の子」は世界の方がひっくり返ってしまった。東京が沈むラストが腑に落ちない向きもあるらしいけど、別にいいじゃん。ゴブリンスレイヤー だって「俺は世界を救わない」って言ってるし、世界を救わない主人公だって構わないじゃん。
「少年はいつも動かない。世界ばかりが沈んでいくんだ。」野田秀樹「センダ城の虜」
そういえば小野不由美「東亰異聞」のラストも東京ならぬ東亰が海に沈んでくんだった。

東亰異聞 (新潮文庫)

東亰異聞 (新潮文庫)

herecy8.hatenablog.com herecy8.hatenablog.com

棚沢永子「東京の森のカフェ」

東京の森のカフェ

東京の森のカフェ

渓谷の緑鮮やかな木々に埋もれるような木造2階建ての古びた建物の表紙につられて衝動買い。パラっと眺めれば中の写真も魅力的。カフェ散歩シリーズというのがあって、その中の1冊だった。東京西部の豊かな自然に囲まれたカフェ、公園や庭園に隣接したカフェ、住宅地の中にあって森を感じるカフェ、と東京都内で緑に囲まれた居心地の良いカフェをたくさんのカラー写真付きで丁寧に紹介している。秋山渓谷の絶景を眺めながらの本格コーヒーとか、避暑地の別荘のポーチでランチみたいな、都内なのに!

ショクダイオオコンニャク

f:id:herecy8:20190728132230j:plain
ショクダイオオコンニャク
神代植物公園で4年ぶりに開花したというので行ってみた。土曜日が見頃だったようで、もうプリーツスカートみたいな苞は萎んでいた。真ん中に突っ立ってる花序は、固いけど中はスカスカで、見た目ゴツゴツしてるけど触るとペカペカしてるそうだ。イマイチよく分からん。第二次大戦中に日本軍がこれでコンニャクを作ろうとしたらしいけど、食べたかどうかは記録がないらしい。グルコマンナンの含有量は低いので、どのみち食用には向かないとか。
植え替えたら分球してたそうで、新しい苗も横で育ってた。普通分球しないものなんだそうだ。
f:id:herecy8:20190728133036j:plain
若いオオコンニャク
大温室の中の水生植物の部屋で展示していた。そこは涼しいんだけど、そこに行くまでが蒸し暑い。ただでさえ暑い日だったので、大変だった。でもオオコンニャクのスタンプが押せました。
f:id:herecy8:20190730010711j:plain
オオコンニャクのスタンプ
学名はAmorphophallus titanum 属名のAmorphophallusは、不格好なペニスの意味。像の脚だの悪魔の舌だの、あんましロクな言われようはしてないが、日本語だと仏炎苞だ。

2010年に小石川植物園で開花した時の写真
herecy8.hatenablog.com
2003年にギガスを見に行ったときの日記

herecy8.hatenablog.com herecy8.hatenablog.com

herecy8.hatenablog.com

ドールハウス

新宿京王百貨店で7月いっぱいドールハウスの展示をしてたので見に行った。
撮影可と撮影不可と、入り混じってた。可愛らしい感じのは撮影不可だったりするので、撮影可の写真だけ見るとちょっと雰囲気偏って見えるかも。

f:id:herecy8:20190728162747j:plainf:id:herecy8:20190728162817j:plainf:id:herecy8:20190728162812j:plainf:id:herecy8:20190728162754j:plain
デヴィッド・スカルファーの本屋
f:id:herecy8:20190728162926j:plainf:id:herecy8:20190728162858j:plain
デヴィッド・スカルファー
f:id:herecy8:20190728170620j:plainf:id:herecy8:20190728170733j:plain
立ち飲みバルと昭和の街並み
f:id:herecy8:20190728163337j:plainf:id:herecy8:20190728163251j:plainf:id:herecy8:20190728163228j:plainf:id:herecy8:20190728163316j:plain
薬屋とかロフト風とか色々

慟哭

2019年7月18日午前10時、一人の野蛮な暴力が多くの人の命と、精妙なる文化芸術を蹂躙した。
京都府伏見にある京都アニメーション第一スタジオに男が40Lのガソリンを撒いて放火、3階建てのビルはほぼ瞬間的に爆発炎上した。当時建物内に居た74人中34人が死亡、他34人が重軽傷を負ったのみならず、原画資料をはじめとした同社アニメの貴重な資料の多くが焼失した。
警察発表では平成以来最悪の放火殺人とのことだが、佞悪暴戻な一人のテロリストが引き起こした戦後最悪級の犯罪と言うべきだ。
無残な喪失はすでに経験されてしまった。今はただ亡くなられた方を悼み、負傷された方の回復を祈念するのみ。だが、必ずやその達成は奪還され、その志は消えないことを信じる。

井上真偽「その可能性はすでに考えた」

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

なによりタイトルがカッコいいよね。詰め将棋みたいな、寄せ木細工のからくり箱みたいな、凝った仕掛けのパズラー。いわゆる推理合戦モノですが、あらゆる可能性を潰して不可能犯罪が真性の「奇蹟」であったことを証明しようという、まさに「その発想はなかった」ミステリ。「屍人荘の殺人」「虚構推理」と、新発想なミステリは色々あるけど、これはまたチャレンジングだね。抑もフィクションで描かれた「不可能」犯罪がやっぱり不可能でした、と謂う丈では拍子抜けもいいとこだけれど、読めば「推理と反証の応酬の相克の高度かつ濃密な知的遊戯性」に魅了されてしまう。対象は過去の事件で、情報は全て最初に提示されてしまうので、あとはずっと仮説と反証ということになる。事件描写が後々の伏線を全て詰め込んでいて、それでいて極めて自然に語られている。
事件は、山奥の、外部との通行が一切絶たれた集落で起こった、新興宗教団体による集団自決。ただ一人の生き残りの少女の側には首を切り離された死体が横たわっていた。集落に居たその他の人間は全員、密室となった拝殿の中で死んでいた。少女以外にその首を切り落とせた人間はいないが、しかし様々な条件を考え合わせると、少女にはそれができた筈がない。これは、トリックによって実現した犯罪なのか、それとも首を斬られた死体が少女を助け出した奇蹟なのか。
探偵は考えうるあらゆる可能性を検証したと主張し、これは合理的な説明のできない奇蹟であると断言する。それに対して、入れ替わり立ち替わり現れるヴィランがありえたかもしれない可能性を提げて挑戦してくる。受けて立つ探偵の決めゼリフが「その可能性はすでに考えた」。出てくるキャラクタが揃いも揃ってみんなクセありまくりな尖りまくりなキャラで、いきなり現れては無理やり推理勝負に持ち込むとか、ケレン味たっぷりな演出を硬派な文体が支えている。冷酷非情な黒社会の女ボスがいきなりデレたりするあたりはちょっと気になったけど、エンタメ小説に対するラノベの影響力の現れみたいな気がする。

虚構推理 (講談社タイガ)

虚構推理 (講談社タイガ)

herecy8.hatenablog.com
屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

herecy8.hatenablog.com

ガールズ&パンツァー 最終章第2話

お待たせしました第2話。一応ネタバレありなので未見の向きはご注意を。パンフも前半部分だけの「上巻」で、下巻は後日発売とか。あまり情報入れずに見に来てください、という感じなのかな。流石にガルパン初見でコレってのは無茶だと思うけど、ただそれでも、ドラマ部分は意味不明でも、戦車戦のガチっぷりの衝撃だけでも訴求力あると思う。
上映時間60分だし、今回もわりとイイとこで終わっちゃうので、劇場版の予算かけて作ったテレビシリーズという感はある。贅沢で宜しいのだけど、嗣記はまた1年半待ってね、というのはやはり悲しいものがある。映画だし、ある程度まとまったお話が見たいじゃない。でも戦車戦の迫力は何モノにも代え難いし、劇場で鑑賞してこそというとこはあるし。パンフの下巻が出た頃にでも4DX行こうかなあ。
前半は対BC戦の続き。最初の劇場版にあった迷路庭園みたいなボカージュでの戦闘。ボカージュはノルマンディー地方特有の生け垣のことだそうで、第二次大戦時には英独戦車隊による「ヴィレル・ボカージュの戦い」というのがあった。ガルパンでの迷路戦は二回目になるけれど、視界のきかない戦場で相手の連携の弱点をついて撹乱するとか、生け垣砲撃して突っ込んでったりとか、いろいろ趣向があって面白い。
しかし、ボカージュで検索すると同名の賃貸アパートとか大量にヒットする。ヴィレル・ボカージュって、そんなに有名なのか?家主がミリオタとか?ちょっと不思議。
日常パートや他校の試合シーンを挟みつつ後半は対知波単戦。吶喊一辺倒のやられキャラだったのが、得意のアヒル迷彩に加えて足踏み突撃だのさよなら突撃だの多彩な戦術を繰り出す強敵になってた。神出鬼没の知波単に追い詰められる大洗学園。今度はジャングル戦で、視界の開けない舞台での戦闘が続く。密林を疾走する主観映像とかもう息もつかせぬ迫力だけど、その分何がどうなってるのかわからん的なウラミはある。実際こんな激戦の只中に放り込まれたかのような、矢継ぎ早に襲いかかる情報量に近くがシェイクされまくる迫真のバトルだった。
BC自由学園、知波単と相手方のキャラをじっくり描いた分、大洗学園サイドはおなじみキャラという感じで要所の見せ場だけという扱いになって、サメさんチームは割食ったような。