今村昌弘「屍人荘の殺人」

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

鮎川哲也賞受賞作。大学のミステリ愛好会メンバーが、映研の夏合宿に参加して、殺人事件に遭遇というと王道ですが、予想外の展開に驚かされ、説得力のある解決に繋げる鮮かさに見惚れてしまいました。冒頭にホテルの見取り図があって、警察も手を焼く難事件を解決してきた名探偵が登場して、と本格物の要素を踏襲しつつ、お約束をお約束として流さない、奇想を盛り込みつつもロジカルな娯楽としての本格推理の醍醐味を外さずにきっちり堪能させてくれます。
被害者と容疑者を用意する関係上、ミステリの登場人物は多くなりがちで、2、3人づつ登場させてそれぞれエピソードをつけたりとか印象付けたりするんだけれど、それでもどんどん増えてくると読んでる方もだんだん混乱してきます。登場人物リストを見返しながら読むんですけど、タイミングよく改めて人物紹介がされて、それがまた印象的で、痒い所に手が届くとはこういうことかと思います。
映画化されるそうですけど、宣伝とか始まると不用意なネタバレとかのリスクも高まるし、速攻読んだ方がいいです。

名探偵ピカチュウ

ピカチュウかわいい、というか画面に溢れるポケモンをひたすら愛でる映画。
ピカチュウの表情、仕草、オヤジくさいしゃべり方まで、とにかくかわいいい。コダックとかフシギダネとか、違和感なく歩き回ってて、初めてジュラシックパークを見たときのような感動があった。最初ポケモンに毛を生やすのはどうかと思ったけど、ピカチュウのぬいぐるみみたいなモフモフ感こそがこの映画を成立させるために必要不可欠の要素だった。
爆音スピーカーのドゴームとか、暴れまわるリザードンとか、意外にでかいコイキングとか、渡辺謙とブルーのコンビとか、画面を横切るだけみたいなのも含めて、まあポケモン三昧な世界。個人的にはピンチに陥った主人公を、地味に骨でコツコツ叩いてくるカラカラとか、好き。
話は、もうちょっとハードボイルドなのかと思ってたけど、そういうのではなかった。なんか込み入った描写なり演出をすっ飛ばして進めてく感じだし、主人公だけがピカチュウと話せる設定もイマイチ使いこなせてなかったり、脚本には難がある。まあ画面の隅のポケモンとか探してても話においてかれないので、それはそれで。

山田風太郎・サメマチオ「人間臨終図巻」

追読人間臨終図巻I (文芸書)

追読人間臨終図巻I (文芸書)

山田風太郎の「人間臨終図巻」のマンガ化。なんだそりゃあとまさに虚を突かれて、思わず買ってしまった。
「人間臨終図巻」は古今東西の著名人の死に際ばかりを描いて、享年順に並べた、まさに題名通りの本で、出版は1986年。菊判函入り豪華仕様の上下巻だったにも関わらず上巻17刷下巻14刷、その後普及版、文庫版、文庫新装版と売れ続けるロングセラーとなっている。
本書は、その中から120人を選び、出生順に一人一ページでエッセイ風に解説したもの。享年順の原作は八百屋お七(15歳)で始まり泉重千代(121歳)で終わる。国も時代も職業もバラバラ、武将も芸術家も、犯罪者も皇帝もただ享年でまとめてその死を並べている原作の透徹はなくなるが、ピタゴラスに始まり夏目雅子で終わる出生順もこれはこれで趣がある。現在2ndシーズン文豪編を連載中とか。
作者のサメマチオは、なんか見たことあると思ったら「魔法少女サン&ムーン〜推定62歳〜」の人だった。

人間臨終図巻1<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻1<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻2<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻2<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻3<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻3<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻4<新装版> (徳間文庫)

人間臨終図巻4<新装版> (徳間文庫)

herecy8.hatenablog.com

2019/1-3月期終了アニメアンケート (第52回調査)

2019/1-3月期終了アニメアンケート (第52回調査)
http://anime-research.seesaa.net/
2019春調査(2019/1-3月期) 第52回
{総評、寸評など}
04,ケムリクサ,A
これだけの独特な世界観とキャラクターの物語を12話でまとめあげてるの凄い。全然詰め込んでる感じしないんだけど、一つ一つの要素が全て奥行きのある物語を感じさせて、ムダなところが少しも無いカッチリした構成。謎だらけの物語で、ほとんど説明らしい説明もないんだけど、見てるうちに納得させられちゃうし。アニメシリーズ1クール12本全て監督脚本演出一人でやって、さらに番外のプロローグだのエピローグだのまで作って、たつき監督には天才特有のエネルギーを感じる。しかしあの人形劇みたいな動きは、たつき監督の趣味なんだろうか。

2019春調査(2019/1-3月期、終了アニメ、63+4作品) 第52回
01,みにとじ,x
02,W'zウィズ,x
03,ラディアン,x
04,ケムリクサ,A
05,エガオノダイカ,x
06,けものフレンズ2,x
07,マナリアフレンズ,x
08,アイカツフレンズ!,x
09,デート・ア・ライブIII,x
10,ガーリー・エアフォース,x
11,revisions リヴィジョンズ,x
12,サークレット・プリンセス,x
13,おこしやす、ちとせちゃん,x
14,キャラとおたまじゃくし島,x
15,ブギーポップは笑わない,x
16,デュエル・マスターズ!,x
17,フライングベイビーズ,x
18,ぱすてるメモリーズ,x
19,モブサイコ100 II,x
20,おしりたんてい,x
21,えんどろ~!,x
22,火ノ丸相撲,x
23,キャプテン翼,x
24,賭ケグルイXX,x
25,五等分の花嫁,x
26,明治東亰恋伽,x
27,爆釣バーハンター,x
28,上野さんは不器用,x
29,ほしの島のにゃんこ,x
30,風が強く吹いている,x
31,約束のネバーランド,x
32,ドメスティックな彼女,x
33,荒野のコトブキ飛行隊,x
34,魔法少女特殊戦あすか,x
35,私に天使が舞い降りた!,x
36,不機嫌なモノノケ庵 續,x
37,ツルネ 風舞高校弓道部,x
38,とある魔術の禁書目録III,x
39,妖怪ウォッチシャドウサイド,x
40,ベイブレードバースト超ゼツ,x
41,グリムノーツ The Animation,x
42,転生したらスライムだった件,x
43,同居人はひざ、時々、頭のうえ。,x
44,宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち,x
45,ミッキーマウスロードレーサーズ,x
46,ソードアート・オンライン アリシゼーション,x
47,バミューダトライアングル カラフル・パストラーレ,x
48,レイトンミステリー探偵社 カトリーのナゾトキファイル,x
49,かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦,x
50,逆転裁判 その「真実」、異議あり! Season2,x
51,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん 第3シリーズ,x
52,ピングー in ザ・シティ 第2シーズン,x
53,3D彼女リアルガール 第2シーズン,x
54,あはれ! 名作くん 第3シリーズ,x
55,ねこねこ日本史 第3シリーズ,x
56,ピアノの森 第2シリーズ,x
57,キラッとプリ☆チャン,x
58,HuGっと! プリキュア,x
59,臨死!!江古田ちゃん,x
60,わしも wasimo 6期,x
61,雨色ココア SideG,x
62,BanG Dream! 2nd Season,x
63,B-PROJECT 絶頂*エモーション,x

64,(全8話) パパだって、したい,x
65,(全11+1話) マーベル スパイダーマン 第2シーズン,x
66,(特番) ポプテピピック TVスペシャル,x

67,(特番) ペルソナ5 Stars and Ours,x

展覧会「ラフ♾絵」

4rough.com
秋本治天野喜孝大河原邦男高田明美4人のラフ絵を集めた展覧会。4人の共通点はタツノコ出身ということ。会場は3331 Arts Chiyoda、秋葉原といってもむしろ末広町です。秋本治のコーナーではこち亀のネームがどっさり。最近は1話まるまるネーム公開ってのも珍しくなくなったけど、現物が壁一面に展示されてるとか、クリアファイルに挟んだ現物を何本も読めるとか、そうそうないでしょ。天野喜孝はラフというか習作というか、これまで見たことなかったんで、貴重だった。鉛筆でぐちゃぐちゃぐちゃっと描いてたり、筆でえいやっと描いたようなのが何枚もあったり、なんかスゴかった。大河原邦男はラフというか、クリナップされたメカデザインがかっこいいのからコミカルなのからとにかくいっぱい並んでた。
高田明美のラフはねえ。いいよお〜。昔の、ラムちゃんとかきまぐれオレンジロードとかから最近のまで。パトレイバーもあるし、そしてもちろんクリィミーマミがいっぱい。鉛筆で描かれたほっぺたの線の柔らかいこと!表情のチャーミングなこと!シルエットの魅力的なこと!自在に動き回る1本の線の躍動が、ここしかない!という唯一無二の位置に収まっている。何だろう、このラフ画の心奪われるような魅力は。なんかもう時間を忘れて見入ってしまう。高田さんが絵描いてるとこのビデオも流れてて、やっぱり見入ってしまう。でも絵描きが絵描いてるビデオって、基本的に見入ってしまうよね。
あと、4人がそれぞれ他の3人の持ちキャラを書き合うというコーナーがあって、秋本治が描いたボトムズとか檸檬風の森沢優とか、そういうのが並んでる。秋本治はやっぱ器用で、何描いてもそれらしくなる。大河原邦男は逆に何でも自分のメカにしちゃう。高田明美は描きたいものしか描かないというか、"D"とか女体化してるし。大河原キャラでガッチャマンだし。なんかムチャクチャかっこよかったけど。天野喜孝も、何というか、天野喜孝だなあと。ガンダムとか、ゴヤじゃん。マミはまあ、なんと言うか。こんな目の大きい女性の絵って、天野さん描いたことないんじゃないかなあ。ラフだとちょっとつり目っぽい感じで、天野風なんだけど、完成版はえらく儚げな天女風、て言うかマダム風じゃね?なお、このコーナーのみ撮影自由。
展示は16日火曜まで。夜は8時までやってます。

f:id:herecy8:20190407182439j:plain
"D"高田明美
f:id:herecy8:20190408000422j:plain
クリィミーマミ天野喜孝

黒田龍之介「世界のことばアイウエオ」

アイスランド語から始まってロシア語まで、世界の100言語について見開き1ページで綴ったエッセイ集。歴史や発音の簡単な解説だったりちょっとしたエピソードだったり、あくまで軽い読み物。著者は言語マニアで、読めない言葉の本でもとりあえず買って、眺めてるのが好きな人で、読者のほとんどが見たこともない文字で綴られる馴染みのない言語についても楽しそうに語っているのが読んでて楽しい。図版は無いので文字のサンプルとか見れないのは惜しい。
言語学の専門的な概念などについてはほとんど触れていないし、たまに出てくる専門用語についてもわかりやすい説明がついてるので気にならないのだけれど、ただ唯一「能格」はよくわからない。

自動詞文の主語と他動詞文の目的語が同じ形になると、その他動詞文の主語が能格という独特な形を取るという現象である。

と言われてもサッパリわからない。まあ複雑な文法構造の言語もあるんだなあと読み飛ばしてもいいのだが、文庫版解説には能格構造は「辺境言語の特徴」とも書かれており、それぞれ系譜不明な孤立言語として有名なバスク語コーカサス諸語、ブルシャスキー語と文法構造や語彙が全く異なる三グループのみが全ての時制で能格構造を持つという共通項を持ってるとか書かれると、俄然興味が湧いてくる。
wikipediaの「能格言語」を読んでもいまいちピンとこなかったけれど、ウロウロと検索していたらこんな記事があった。
www.asahi.com
地震列島 M9誘発」と言われると、「地震列島がM9を誘発した」と解して、??となる。「地震列島をM9誘発」でもわかりづらい。「地震列島 M9が誘発」ならすぐわかる。ここでは他動詞文で、主格が区別されている。
日本語だと、自動詞文「ドアが開いた」、他動詞文「君がドアを開けた」と、どちらでも「が」をつけて主格を示す。で、格助詞を省略して「ドア開いた」とも言えるだろう。その時「君がドア開けた」と「君ドアを開けた」では前者が自然じゃない?という感じ。

ケムリクサ #12

赤い木とラストバトル。りく、りょう、りょくのお姉ちゃんズ三人別々に出てこれるんじゃん。一度に一人ずつだったのも、やっぱりケムリクサ節約のためかな。前回リリが言ってたのって、下にお船の地球があるんじゃなくて、お船の下に地球があるって事だったのね。姉妹がそれぞれ口調を変えてたのって、わざとやってたんですね。
記憶の葉を再生中に赤い根が襲ってきて、わかばはりんが起きるまで時間を稼ごうとケムリクサを駆使して戦う。何度も死にかけるが、間一髪のところをケムリクサで助かる。加勢に現れた三人お姉ちゃんズが、赤い木をケズりまくる。みんな、さすが強いね。一方後方のりつ、りな、シロは巨大赤虫に包囲されつつ、ミドリちゃんの枝をりんに届ける。ということで、最後はりんが見事にトドメをさして、わかばを助ける。
赤い木が消えた後には裂け目があり、そこが船の果てだった。船の外には、豊富な水と豊かな緑が広がっていた。
いやあ、キレイにハッピーエンドでまとめたねえ。りなちゃんズは一人になっちゃったのかな。ミドリちゃんも枯れてたっぽいけど、りつもシロも生き延びたし。まあ謎は残ったけど、最終2話で伏線回収詰め込んで、アクションで盛り上げて、設定も世界観も不思議だったけど構成はストレートに王道展開でした。テーマもブレないし。一貫して「好きなことを貫ぬく」という話でした。好きなことしてる時にキラキラしてるんだもんねえ、こういうキッパリした演出は珍しい。
とにかく、1クール12本のアニメで終わらせるには勿体無い世界でした。しかしこの大仰な身振りで動くのって、人形劇っぽい動きだな。